大腸がんの発症を予防する|定期検診を受けよう

長生きをするために

お腹を押さえる人

日頃から身体を動かそう

大腸がんを予防するためには、日頃から身体を動かすように心がけることが大切です。身体を動かす習慣がほとんどないと、体脂肪の量がどんどん増えてしまうため、肥満体型になってしまいます。これに対して、日頃から身体を動かすように心がけると、余分な脂肪を燃焼することができるため、肥満になりにくくなります。実際、身体を動かさない人よりも動かす人の方が大腸がんのリスクが低いという研究結果もあります。また、外で身体をしっかり動かす人は日光にたくさん浴びることができるため、体内でビタミンをたくさん生成できることも予防には効果的だと言われています。このように、日頃からしっかりと身体を動かすように心がけることで、脂肪を燃焼して肥満になってしまうのを防ぐことができるため、大腸がんを予防することができます。

規則正しい食事が大切

大腸がんを予防するためには、規則正しい食生活を心がけることも大切です。不規則な食事を続けていると、栄養バランスが偏ってしまうため、大腸がんを予防したい場合には要注意です。これに対して、規則正しい食事を心がけることで、栄養をバランスよく摂取することができるため、がん細胞が成長しにくい環境を作り出すことができます。特にカルシウムとビタミンDが大腸がんを予防するためには効果的と言われていて、カルシウムは乳製品に、ビタミンDは魚介類にたくさん含まれているため、これらの食材をたくさん食べるようにするとさらに効果的です。このように、規則正しい食生活を心がけることで、大腸がんになりにくい体質へと改善させることができます。