大腸がんの発症を予防する|定期検診を受けよう

日本人に多い

病院

定期検診が重要

大腸がんは、日本人に多いがんで、年々増加傾向にあります。増加の要因には、日本人の食生活の変化が起因していると言われており、欧米で多く見られる肉食に偏った食事が一因と考えられています。また、ストレスも腸のはたらきにはよくないので、ストレス社会が影響しているとの見方もあります。いずれにせよ、バランスのよい食事や過度なストレスを避けることは大腸がんの対策となります。さらに、定期検診を実施して、早期発見に努めることも大切です。便秘は大腸の大敵とされています。ストレスをかかえていると、便通が悪くなります。ストレスが自律神経を乱れさせるので、腸のはたらきが鈍ってしまうのです。食事では食物繊維を豊富に摂ることが重要です。

要注意の症状

血便が出たら、まず大腸がんを疑うべきです。放置せず、すみやかに医療機関を受診することが大切です。その他、下血、便が細くなる、下痢と便秘を繰り返す、残便感、お腹の張り、痛み、しこりなどの症状にも注意が必要です。お腹以外の症状で、貧血、嘔吐、体重の減少なども要注意事項です。日頃から自分の便を観察し、排便時のちょっとした変化も見過ごさないようにすることも早期発見につながります。大腸がんは、発見が早ければ完治が可能ながんです。ところが、痔の人は、血便や出血をがんと思わずに痔のせいだと勘違いして発見が送れる傾向があります。大腸がんが進行してしまう危険性がありあますので、出血が長く続く場合には医療機関を受診したほうがよいです。

お腹を押さえる人

長生きをするために

大腸がんを予防するためには、日頃から身体を動かすようにして、肥満にならないようにすることが大切です。また、規則正しい食生活を心がけるとカルシウムやビタミンDなどの栄養をたくさん取ることができるため、大腸がんになりにくい体質を作るためには効果的です。

カウンセリング

便秘が招くがんとは

大腸がんは、時代の変化によって患者数もどんどん増加している病気です。特に女性患者が多く、死亡率もトップとなっているので気を付けなければいけません。大腸がんの原因は便秘との関係性がとても深く、便による腸内環境の汚染が引き起こしていると見られています。

カウンセリング

大腸のがんの早期発見

生活習慣が乱れることで大腸がんになる可能性があります。初期症状に気付くことで早めに改善することが可能です。転移すると治療が困難になることもあるため、異変に気付いたら病院に行きましょう。